パソコンが起動しないトラブル事例

 

いつものようにパソコンを使おうと思い、電源ボタンを押したけど、パソコンが起動しない...

 

困りますよね。

特に、仕事でパソコンを使っている場合など、本当に気持ちが焦ります。

 

パソコンが起動しないトラブルといっても、様々なケースが考えられます。

比較的簡単に直る障害から、パソコンを買い替えたほうが安く済むような深刻なトラブルまで様々です。

 

今回の記事では、パソコンが起動しないトラブル事例についてまとめてみたいと思います。

 

※下記の事例では、検証、部品交換、データ修復等の作業に時間がかかりますので、当店ではお預かり修理とさせていただく場合がございます。ご依頼の場合は、あらかじめご了承下さい。

 

Windowsが起動しない場合

まずは、電源は入るが、Windowsが起動しないケースについて考えてみましょう。

HDD(ハードディスク)の故障

ハードディスク

 

HDD(ハードディスク)とは、パソコン内のデータを保存しておく記憶装置と呼ばれる部品で、この中にWindowsのデータも保存されています。

 

そのため、HDD(ハードディスク)が壊れてしまうと、Windows自体を起動することができなくなります。

 

HDD(ハードディスク)の壊れ具合が『軽度』の場合は、中のデータを新品のHDD(ハードディスク)に移し替えて元の状態へ復旧することも可能ですが、壊れ具合が『重度』の場合は、Windows本体、各種アプリ、各種設定などを1から入れ直す作業が必要となります。

 

この場合、HDD(ハードディスク)に保存されている様々なデータを取り出すことができない場合があります。また、場合によってはHDDの交換も必要になることがあります。

 

やはり、定期的なバックアップが必要となります。

 

症状が悪化する前でしたら、データを救出できる場合もありますので、何かいつもと違う異音がするなどの症状にお気付きの場合は、早めにご相談下さい。

 

メモリの故障

メモリ

 

メモリが故障すると、パソコンの電源を入れたときに、『ピーピー』といった音(ビープ音)が鳴ることが多く、Windowsが起動しなくなることがあります。

 

この場合、新しいメモリに交換することで直すことができます。

 

グラフィックボードの故障

グラフィックボード

 

パソコンからの映像をディスプレイに出力するための部品ですが、これが壊れた場合にもWindowsが起動しなくなることがあります。

 

映像の映り具合を確認したり、別の部品に交換して正常動作するかどうかを確認することで、問題の特定が可能です。

 

こちらも部品が故障している場合は、新しい部品に交換することで直すことが可能です。

 

Windows(OS)の故障

デスクトップ画面

 

これは部品の物理的な故障ではなく、Windowsのデータ的な故障となります。

 

何らかの原因でWindows自体のデータに不具合が起きてしまい、起動できなくなってしまうことがあります。

 

様々な原因が考えられるので、実際に診てみないと原因の特定は難しい場合が多いですが、データの修復によって復旧できる可能性が比較的高いトラブルと言えます。

 

電源が入らない場合

次に、そもそも電源が入らないケースについて考えてみましょう。

電源ユニットの故障

電源ユニット

 

電源ユニットとは、パソコンに電気を供給するための部品で、電源コードやACアダプターのケーブルが刺さっている部分です。

 

この部品が壊れると、当然パソコンの電源が入らなくなり、起動できなくなります。

 

デスクトップパソコンの場合は、電源ユニットの交換が可能な場合が多く、比較的簡単に修理することができますが、ノートパソコンの場合は、電源ユニットがパソコン内部のメイン基盤(マザーボード)と一体になっている場合がほとんどで、修理・交換が難しくなることがあります。

 

マザーボード(メイン基盤)の故障

マザーボード

 

パソコンの各部品が接続されている基盤のことで、マザーボードと呼ばれています。

 

まさにパソコン本体といってもいい部品で、この部品が壊れるとやはりパソコンは起動しなくなります。

 

コンデンサーやICチップなど、たくさんの小さい部品から構成されており、どの部分が故障しているかを検証するのは多大な時間を必要とします。

 

デスクトップパソコンの場合、マザーボードの交換となると、今搭載しているCPUやメモリといった他の部品をそのまま流用することができないことも多く、総入れ替えとなってしまう場合もあり、修理費用が高額になってしまいがちです。

 

また、ノートパソコンの場合は、交換用の部品自体を入手することができず、修理自体ができないという場合も多くあります。(※なお、メーカー修理の場合でもマザーボード交換はかなり高額な見積りとなる場合が多いです)

 

よって、マザーボード故障の場合はパソコンの買い替えを検討していただくほうが修理するよりもお安くなる場合が多いのでお勧めしております。なお、古いパソコンからのデータ移動も当店で承っておりますので、是非ご利用下さい。

 

パソコンが起動しないときはご相談下さい

今回取り上げた事例は、電源が入らない、起動しない原因の比較的よくある事例の一部になります。

 

他にも原因はいろいろと考えられますので、何かトラブルが起きた場合には、当店『相模原市の出張パソコン修理屋さん』までお気軽にご相談下さい。

 

お問い合わせ

 

>>お問い合わせフォームはこちら

 

▼トップページへ戻る
相模原市の出張パソコン修理屋さん|出張1,000円格安PC修理はこちら