Windows10でアイコンの左上に表示されるチェックボックスを消す方法

いつの間にか、Windows10のアイコンの左上にチェックボックスが表示されるようになっていた、なんていうことがあります。

 

パソコンの種類によっては、購入時から表示されているものもあります。

先日、出張したお客様宅のパソコンでも表示されていました。

 

そもそも、このチェックボックスはどんな機能があるのでしょうか?

また、消す方法はあるのでしょうか?

 

今回の記事では、アイコンのチェックボックスを非表示にする方法についてご紹介していきます。

アイコンの左上のチェックボックスの意味

まず、なぜアイコンの左上にチェックボックスが付いているのでしょうか?

 

それは、タブレットPCやタッチパネル対応のパソコンを使いやすくするための機能なのです。

 

通常、Windows10のパソコンで、ファイルやフォルダを複数選択する場合、マウスを使って『ドラッグ』して選択します。

 

ところが、タブレットPCやタッチパネル対応のパソコンの場合、マウスを使わないで操作する場合もあるので、この『ドラッグ』という操作が非常にやりにくいわけです。

 

そこで、このチェックボックスの機能が活躍します。

チェックボックスのアイコンをポンポンとタップすることで、簡単に複数のファイルやフォルダを選択することができるというわけです。

 

このように、アイコンのチェックボックスはタブレットPCやタッチパネル対応のパソコン向けの便利な機能だったというわけです。

アイコンのチェックボックスを非表示にする方法

この機能は、設定を変えることで表示・非表示を切り替えることができます。

その設定方法をご紹介します。

 

手順①:デスクトップ画面左下の『スタートボタン』を右クリックして、『エクスプローラー』を起動します。

 

手順②:メニューの『表示』タブをクリックし、『項目チェックボックス』のチェックを外します。

 

これで、アイコンの左上のチェックボックスが表示されなくなります。

 

意外と簡単だったのではないでしょうか?

なお、タブレットPC以外の普通のパソコンでも、この機能を使うことはできますので、マウスの操作が苦手なかたは、チェックボックスを表示させておくのもおすすめです。

 

当店『相模原市の出張パソコン修理屋さん』のブログでは、ちょっとした疑問の解決方法やパソコンの便利技なども紹介しております。

 

 

>>お問い合わせフォームはこちら

 

▼トップページへ戻る
相模原市の出張パソコン修理屋さん|出張1,000円格安PC修理はこちら