Windows10のシャットダウンのショートカットを作成する方法

 

Windows10をシャットダウンするには、デスクトップ画面左下の『スタート』ボタン→『電源』→『シャットダウン』の順にクリックするしかないと思っていませんか?

 

 

実際やってみるとわかる通り、マウスを3回クリックする必要があります。

 

これが、意外と面倒だったりします。

今回の記事では、Windows10をショートカットを使って、簡単にシャットダウンする方法についてご説明します。

 

Windows10のシャットダウン用ショートカットを作成する

①まず、デスクトップ画面上で、マウスを『右クリック』し、『新規作成(X)』→『ショートカット(S)』の順で選択します。

 

 

 

②『ショートカットの作成』という画面が開きますので、その中の『項目の場所を入力してください(T)』という欄に、

 

shutdown -s -f -t 0

 

と入力して、『次へ』ボタンを押します。

 

 

③『ショートカットの名前を付けて下さい』という画面が開きますので、その中の『このショートカットの名前を入力してください(T)』という欄に自分の好きな名前(例:シャットダウン)を入力して、『完了』ボタンを押します。

 

 

④すると、デスクトップ画面に『シャットダウン』というショートカットが表示されます。これで完成です。

 

 

このショートカットをダブルクリックすると、パソコンが直ちにシャットダウンされます。

 

なお、このショートカットをデスクトップ画面下のタスクバーにピン留めすることで、ワンクリックでシャットダウンすることも可能です。

 

※シャットダウンしたくないときに、誤ってクリックしないようにご注意下さい!

 

 

アイコンの変更(おまけ)

先程作成したシャットダウン用のショートカットのアイコン画像を変更することもできます。

 

①まず、作成したショートカットアイコンの上にマウスカーソルを持っていき、『右クリック』して、『プロパティ(R)』を選択します。

 

 

 

②次に、『アイコンの変更(C)』ボタンを押します。

 

 

 

③すると、アイコンの選択画面が開くので、お好みのアイコンを選択して『OK』ボタンを押します。

 

 

 

④すると、手順②の画面に戻ってくるので『OK』ボタンを押します。

 

 

 

⑤これで画面上のショートカットのアイコン画像が変更されていればOKです。

 

 

 

 

>>お問い合わせフォームはこちら

 

▼トップページへ戻る
相模原市の出張パソコン修理屋さん|出張1,000円格安PC修理はこちら