高速スタートアップでパソコンが不安定に!?

Windows10では、電源投入からの起動を速くするために『高速スタートアップ』という機能が標準で有効になっています。

 

この機能は、シャットダウン時にパソコン内部の状態をメモリーに保存して、次の起動時にこれを読み出すことで、Windowsの起動プロセスを簡略化するものです。

 

一見便利な機能なのですが、この機能を使っているとデバイスドライバーの状態などが完全にリセットされないために、パソコンや機器の動作が不安定になることがあるようです。

 

そんな場合は、この機能を停止することができます。

 

 

①まず、デスクトップ画面の左下の『スタートボタン』から『Windowsシステムツール』→『コントロールパネル』を開き、画面右上の『カテゴリ』をクリックして、『大きいアイコン(L)』を選択します。

 

②下記の画面になったら、『電源オプション』をクリックします。

③次に、『電源ボタンの動作を選択する』を開きます。

 

④次に『現在利用可能ではない設定を変更します』をクリックします。

 

⑤さらに、画面下部の『シャットダウン設定』欄の『高速スタートアップを有効にする(推奨)』のチェックを外して、最後に『変更の保存』ボタンをクリックします。

 

これで、高速スタートアップの機能を停止できます。

パソコンが不安定な時は試してみる価値ありです!

それでも調子が悪いときは、一度、当店『相模原市の出張パソコン修理屋さん』までご相談下さい。

出張・診断まで『1,000円』にて承っております。

 

 

>>お問い合わせフォームはこちら

 

▼トップページへ戻る
相模原市の出張パソコン修理屋さん|出張1,000円格安PC修理はこちら