デスクトップパソコンが再起動を繰り返す現象(※意外な原因でした...)

 

先日、『自作したデスクトップパソコンの電源が落ちて再起動を繰り返すので見てほしい』というご依頼をいただきました。

 

早速、現地にて確認させていただいたところ、電源を入れると普通にWindowsが立ち上がり、パソコンが使える状態になるのですが、ふとした瞬間に電源が落ちたようになり、またパソコンの起動が始まるという症状が出ていました。

 

そのままWindowsの起動を待っていると、今度はWindowsが起動する前に同じ症状が起きて、パソコンが再起動をするという変な動きをしています。

 

現地では対応が難しそうだったので、お預かりとさせていただき調査することになりました。

 

電源のチェック

こういった症状の場合、真っ先に疑うのが『電源』の故障です。

 

まずは、本体ケースから電源を取り外し、専用のテスターでチェックしてみました。

どうやら、電圧は正常範囲内の値が出ているようで、故障しているわけではなさそうでした。

 

試しに、正常動作する電源を取り付けてみたところ、再起動を繰り返す症状は改善しませんでしたので、やはり電源ではなさそうです。

 

メモリ・CPU・グラフィックボードなど各種パーツのチェック

次に、『メモリ』、『CPU』、『グラフィックボード』をひとつずつ交換して試してみましたが、一向に症状が改善しません。

 

最後にたまたま同じ『マザーボード』の在庫があったので、それも交換してみましたがやはりダメでした。

 

正直、『困ったな...』と思ったのですが、ふと冷静になって考えてみると、パソコン内部のパーツは全て正常に動作しているようなので、問題があるのはパソコンの中のパーツ『以外』なのではないか?と思いました。

 

ケースのチェック

その上で考えられるのはパソコンの『ケース』しかありません。

 

とりあえず、ケースについている『電源スイッチ』、『リセットスイッチ』、『USBコネクタのケーブル』などを全てマザーボードから外して、ひとつずつ差し込みつつチェックしてみたところ、ついに原因を突き止めることができました。

 

原因は、なんと『リセットスイッチ』でした。

 

リセットスイッチが壊れており、押してもいないのにリセットがかかってしまうという状態でした。

 

確かに、再起動を繰り返すという症状が出ていたわけですから、いうなればパソコンのリセットスイッチを押したときの状況と同じ動作をしていたことになり、納得がいきます。

 

今回の事例では、リセットスイッチを新品に交換することで、無事に症状が治まり、パソコンが正常動作するようになりました。

 

 

今回は少し遠回りしてしまいましたが、無事修理することができました。

 

当店では、こういったパソコンの不具合にも対応しております。

 

パソコンの調子が悪いときは、是非『相模原市の出張パソコン修理屋さん』までご相談下さい!

 

 

>>お問い合わせフォームはこちら

 

▼トップページへ戻る
相模原市の出張パソコン修理屋さん|出張1,000円格安PC修理はこちら