無線LANの電波が届かないときは?

 

最近では、ほとんどのノートパソコンに『無線LAN』機能が搭載されているので、多くの方が無線LANを使ってインターネットをされているのではないでしょうか?

 

パソコン以外でも、スマートフォンを自宅で使うときは、Wi-Fi機能を使っている方も多いと思います。

 

そんな便利な無線LANですが、場所によって電波の届き具合が悪かったり、通信ができなかったりといった経験をしたことはないでしょうか?

 

今回の記事では、無線LANの電波が届かない(または弱かったり不安定)ときに知っておきたい対処用をご紹介します。

 

無線LANルーターの設置場所を見直す

無線LANの電波を飛ばしている『無線LANルーター』という機器は、設置すれば家中どこでも電波が届くというわけではなく、電波の届く一定の範囲があります。

 

例えば、家具や壁、他の家電製品など障害物となるものがある室内では、電波の届く範囲も変わってきてしまいます。

 

ルーターを設置している場所が、部屋の隅のほうでしたら、できるだけ家の中心に近い場所に移動させてみるのは有効です。

 

電波はルーターを中心に円形状に飛びますので、家の中心付近にあれば、家全体に電波を届かせることができる可能性が高くなります。

 

しかし、この方法では、LANケーブルを延長したり配線しなおしたりする必要があるので、その配線工事が面倒になります。

 

 

中継機を設置してみる

配線工事が難しい場合は、『中継機』と呼ばれる機器を設置する方法もあります。

 

WiFi中継機

 

『中継機』は、無線LANルーター(親機)と、電波の届きにくい部屋などの中間地点に設置して、電波の届く範囲を広げる役割があります。

 

最近では、写真のように壁のコンセントに直接差して設置できる小型なタイプも多く発売されており、価格も数千円から選べます。

 

当店では、無線LANの中継機の設置・設定も承っております。お気軽にご相談下さい。

 

 

お問い合わせ

 

>>お問い合わせフォームはこちら

 

▼トップページへ戻る
相模原市の出張パソコン修理屋さん|出張1,000円格安PC修理はこちら