エクスプローラーがフリーズしてもデスクトップ画面は使える状態を維持する設定

パソコンを使っていると、何らかの理由で『エクスプローラー』がフリーズすることがあります。

 

この場合、デスクトップ画面も一緒に固まってしまい、ファイルやタスクバーの操作も出来なくなってしまうことが多いと思います。

 

これは、デスクトップ画面も『エクスプローラー』と同じプロセスに含まれているため、『エクスプローラー』がフリーズすると、デスクトップ画面も一緒にフリーズしてしまうというわけです。

 

このようなトラブルを防ぐためには、『エクスプローラー』とデスクトップ画面のプロセスを分離させておけば大丈夫です。

 

以下にその設定方法をまとめてみました。

 

①まず、デスクトップ画面の左下の『スタートボタン』から『Windowsシステムツール』→『コントロールパネル』を開きます。

 

②次に、画面右上の『表示方法』欄をクリックして、『大きいアイコン』に切り替えて、下の『エクスプローラーのオプション』をクリックします。

③すると、エクスプローラーの設定画面が開くので、上部の『表示』タブをクリックして、下部の『詳細設定』欄から、『別のプロセスでフォルダーウィンドウを開く』にチェックを入れます。

 

④最後に『OK』ボタンをクリックして完了です。

 

 

これで、『エクスプローラー』とデスクトップ画面のプロセスを分離することができました。

この設定をしておくことで、『エクスプローラー』がフリーズしても、デスクトップ画面は動作する状態を維持できるはずです。

 

他にもパソコンの不具合などでお困りのときは、一度『相模原市の出張パソコン修理屋さん』までご相談下さい!

設定や修理など、親切丁寧にご対応させていただきます。

 

 

>>お問い合わせフォームはこちら

 

▼トップページへ戻る
相模原市の出張パソコン修理屋さん|出張1,000円格安PC修理はこちら